昔からニキビが酷くて嫌な思いをしました

私は中学生の頃になるとしだいにニキビが酷くなってきてしまいました。時が経つにつれどんどん酷くなってきてしまい、終いには頬がニキビだらけになってしまいました。高校に入る頃には完全にコンプレックスになってしまったのです。高校では恋愛などはもはや絶対にできないだろうなと思い最初から諦めてしまっていました。私も人並みに恋愛を高校の時にしてみたかったです。

その頃私はファッションやオシャレに興味があり、スニーカーやジーンズなどが好きだったのですが友人の一人にその顔でファッションとかオシャレにに気を使っても意味ないよと言われたのはショックでした。一応ドラッグストアに行ってコマーシャルでやっているようなニキビに効く薬を買ってきて使ってみたり、皮膚科に行って診察を受けて薬をもらってきたりしました。他にもインターネットでニキビについて情報を集めて実践してみたりしました。

しかしドラッグストアの薬もインターネットの情報も効果がなかったのです。無駄な努力だったと思うと悲しいです。高校を卒業するとニキビはできなくはなったのですが、ニキビ跡のクレーターが残ってしまいました。正直ニキビが酷かった事よりもニキビ跡が残ってしまった事の方がきついです。今でもこのクレーターのニキビ跡は残ってしまっています。クレーターのニキビ跡を治す治療は高価なものしかないらしく、私にはとても手が出せそうにありません。このまま生きていくのかと思うと本当に憂鬱です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *